うつでなまぽ

うつ病でPTSDでアスペで生活保護受給中の生きものがいろいろ書きます。

こもごも「自転車で走る」

 体重はそんなでもないんだけど体脂肪がヤバいので、運動せねばと思って自転車を買った。ロードバイクとかのおしゃれなやつじゃなくて中古屋で6000円くらいで売っていたママチャリではないけどマウンテンバイクでもないみたいなやつ。ハンドルが一直線になってるやつ。一時期、ハンドルが曲がったママチャリがかっこいいみたいな風潮があったけどなんだったんだろうね。わたしの好きなハンドルまっすぐ型の自転車が激減してほんとうに迷惑な風潮だった。

 

 で、その日に走ってみたんだけど、ちょっとの距離でものすごく疲れてしまい、運動不足やべえ……と戦慄した。あとから思い返すと、自転車に乗るのがひさしぶりで勝手がつかめず無駄な動きが多かったこと、その日食事を抜いていたことがあいまってそんなことになってしまっただけのようだ。でも、以前より走れなくなっているのは確かなので、やっぱり運動不足がやべえのは変わりねえ。

 

 わたしは目的のない運動ができない(すぐ飽きてやらなくなる)ので、移動手段を自転車にすることで運動量を増やすというのはおそらく効果的だろうと思う。ただ、たまには原付にも乗らないといざというときに動かなかったら困るから、そのへんも考慮しつつやっていきたい。

 

 あまりに原付になれた生活を送っていたため、自転車に乗っていても原付のくせが出てしまう。後方確認にサイドミラーを見ようとする(ないのに)、青信号発進時に右手をひねってエンジンをふかそうとする(ないのに)、曲がるときに方向指示器のスイッチを指ではじこうとする(ありはしないのに)。ヘルメットかぶってない!!! とビビったこともあったな。

 しかし、こうしてみると自転車ってこわい乗り物だよなと思う。後ろは見えないし、どちらに曲がるか周囲に知らせることもできないし(手信号というのはあるがあれは片手運転にならないのだろうか)。現在は自転車を歩道から車道に追い出そうキャンペーンがさかんだけれども、ヘルメットもかぶってない、ほぼ生身の状態で、車道を走る勇気がわたしにはない。

 原付に乗っているとき、野放図な自転車のふるまい(車道の右側を走行、左折する車をよけて思いっきり車道へ入り込む、後方確認をしないまま歩道から車道へ入ってくるなど)に辟易していたが、自転車に乗っているとむしろかれらの蛮勇に感心する。自殺願望かドライバーを憎んでいて命に代えても罪を背負わせたいのだとしか思えない。いくら歩行者と車の事故ではドライバーに責任がおっかぶせられるとはいえ、死ぬのは確実に自転車乗り。

 

 とりあえず事故死はいろいろと迷惑だと思うので、自転車でも安全運転を心掛けたい。