うつでなまぽ

うつ病でPTSDでアスペで生活保護受給中の生きものがいろいろ書きます。

こもごも「マクラメあみ・はしご 自分用メモ」

 マクラメあみをやっているんだけど、頻繁に編みかたをまちがえるので、いろんなサイトで勉強させてもらった内容を、自分用に写真付きで記録を残しておく。

 

 つかう道具は

  • 芯糸(ワックスコード)
  • 編み糸(刺繍糸)
  • バインダー
  • クリップ(2個)

 というかんじ。バインダーはべつにてきとうな板でもいい。ただある程度丈夫でないと使いにくい。見ていけばわかるけど、下敷きとかではたぶん無理。真剣にやるひとはコルクボードにピンを刺してやるようだが、わたしはそう真剣でないのでこんなもんで。

 ふつうマクラメあみはすべて蝋引きの紐でやるらしいのだけど、練習中なので蝋引きの紐、ワックスコードは芯紐のみ。編み糸は刺繍糸でやっている。どっちも百均の。これがすごい。力いっぱい引っ張るとなんとちぎれる。わたしがゴリラなのか。

 

 梯子あみから。何とか結びとかあみとかいうのをくりかえしてやっていくんだけど、なんていうのか忘れた。

 まず準備。芯になるワックスコードを2本、バインダーに1cmくらいあいだをあけてならべ、クリップで固定。画像では見えないけど下も固定している。なんで芯紐、張ってるのとぴょろんてしてるの2本あるのんと思われるだろうが、これはまあ説明が複雑になるので気にしないでほしい。作りたいものがあるので、ちょっと先っちょをたたんでいる。でも、これまで説明できないから、とりあえず張ってる芯紐もぴょろんとしてる芯紐もセットで1本、それが2本あるものと思ってほしい。

 そして横にあるのは編み紐になる刺繍糸。

f:id:mianie:20181218112020j:plain

 で、編んでいく。まず、編み紐の片方を、左側の芯紐の上に左から右へわたし、来るっと戻ってまた左の芯紐の上に右から左へわたす。

f:id:mianie:20181218112428j:plain

 

 つぎに、左にわたした編み紐を、左の芯糸の下を左から右へくぐらせ、さらに右にある編み紐の上へ通す。

f:id:mianie:20181218112602j:plain

 

 左の芯紐をうまい具合に左下に引っ張りながら、編み紐を右上にむかって引き締める。

f:id:mianie:20181218112913j:plain

 

 お次は編み紐を、左の芯糸の下を右から左にくぐらせる。右側にわっかができる。

f:id:mianie:20181218113048j:plain

 

 編み糸を左の芯糸の上に通してから、さっき右側にできていた(この画像では左側に移動してるけれども)わっかにくぐらせる。

f:id:mianie:20181218113439j:plain

 

 ぎゅうう~と引き締めます。見えにくいけど、2本の糸をむすんだ結びめが見えるだろうか。この結びめがなかったり、2本むすべていなかったりしたら、どこかで間違えているのでぎゅうう~とやらずにほどいてやりなおし。

 これで一目。

f:id:mianie:20181218113821j:plain

 

 右側をやっていく。梯子あみは線対称に作業をしていくことになるので、うっかり左のやり方で右をやったり、右のやり方で左をやったりすることのないよう気を付ける。

 このように、左側とは逆に編み糸をわたす。

f:id:mianie:20181218114254j:plain

 

 ここもさっきと逆。芯糸をくぐって編み糸を超えて内側へとおぼえるのがいいのかもしれない。

f:id:mianie:20181218114706j:plain

 

 引き締め。

f:id:mianie:20181218114920j:plain

 

 芯紐の下をくぐって、内側から外側へ。わっかができる。

f:id:mianie:20181218115005j:plain

 

 芯糸の上を通って外側から内側へ、わっかをくぐる。この次とるの忘れたけどまあまた引き締め。結びめができているかたしかめ。できていたらぎゅうう~と引き締め、できていなかったらほどく。

f:id:mianie:20181218115106j:plain


 1時間くらい繰り返すと……

f:id:mianie:20181218115358j:plain

 りっぱな梯子あみに。

 

 最初に先っちょをたたんでつくっておいた通し穴に芯糸を通して、こんなふうになにかを包むこともできたりする。

f:id:mianie:20181218115501j:plain

 

 とりあえず梯子あみはこのようなかんじ。指先をつかうと脳が活性化されるっていうし……っていうセルフ作業療法。効果があるのかは知らない。

 わたしができるのはこれと平あみだけなんだけれども、まあ画像をいっぱいつかいすぎてつかれたので、きょうはここまで。ちなみにあみ、あみ、ってひらがなにしているのはうっかり検索に引っかからないようにだぞ……間違っているかもしれない内容だから。参考にしないで。説明口調ではあるけど、自分用だから。