うつでなまぽ

うつ病でPTSDでアスペで生活保護受給中の生きものがいろいろ書きます。

社会「被虐待児の成れの果て」

 先日、幼児の虐待死事件が報じられた。大々的に報じられたこと、あまりに悲惨な死であること、被害児が五歳という低年齢にもかかわらず、その境遇から、手記を残していたことで非常に話題を呼んだ。ので、被害児および事件名については伏せていてもこの記事を読むひとは「ああ、あの子のことだな」とわかると思う。

 とても理不尽な事件だ。両親がなぜ、まだ五歳の幼児に、これほどの要求、これほどの仕打ちをしたのか、まったく理解できない。奇妙なのはただ虐待(暴力、ネグレクトなど)をしているだけではなくて、ひらがなの勉強を強いるなどの、ゆがんではいるが「教育」を施そうとしている点だ。被害児は「あそぶ」ことを否定して、親の言うとおりにする、という内容を手記に書いている。加害者である両親はいったい被害児をどういう子どもに、そしてどういう大人に育てるつもりだったのだろうか。そしてもし、被害児が生きのびて大人になっていたら、どういう大人に育ったろうか。

 

 前置きのような部分が長くなったが、タイトルに戻る。被虐待児の成れの果て、たぶんそれはわたしのような精神障害者だろう。わたしはこの事件の被害児ほど凄惨な虐待を受けることはなかった。なので生き延び、大人になった。こういう人間をサバイバーと呼ぶらしい。おそらく、サバイバーはこの事件に対して、非常に哀しい思いを抱くと同時に、この事件と周囲に対して、こう思ったはずだ。「死んだから、騒がれるんだよな」と。

 世間は児童虐待には厳しく、それを行う親や保護者に対しては激しい敵意を抱き、虐待を受ける被害児に対しては過度の同情や憐憫をそそぐが、かつてそれを行った親や保護者に対してはおどろくほど寛容で、かつての被害児、現在のサバイバーに対して向ける目線はおそろしく厳しい。サバイバーが成人し、自立できる年齢まで、もしくは自立するまで「生きのびた」のだから、親や保護者はちゃんと責任を果たしたじゃないか、と感じるからだろう。

 

 しかしながら、虐待されていたって子どもは生きのびるときは生きのびる。この事件の被害児も、五歳までは生きのびた。直接の死因は栄養失調由来の衰弱からくる肺炎による敗血症(なんという文章だ)だという。つまり、定期的に栄養のある食事が与えられてさえいれば、そのほかの境遇がなにひとつ変わらなかったとしても、成人まで生きのびた可能性はある。ネグレクトのほかに暴力もあったようなので、絶対にそうだとは言えないが、加害者である親が「死なれるのはさすがに困る」と考えて対応策を講じるだけの知性があったならと考えれば、推定生存可能性はかなり高く見積もれる。

 まさに死んだ子の年を数えるようなものでむなしいばかりではあるが。

 

 そうやってわけのわからないまま凄惨な環境を生きのび、大人になってみると、世間の目はふしぎに厳しい。日本社会は奇妙なほど、「健全な二親を持つ健全な成人」を想定して形づくられている。居住するにも就職するにも保証人が必要で、その多くは血縁者を要求する。虐待されて育った虐待児の成れの果て、サバイバーが、親に仕事先や居住地を知られたくない、という当然の要求さえ許してはくれない。

 また、サバイバーの多くは精神疾患を抱えることになると思うが、精神疾患に対する世間の目はやたらとつめたいし、精神障害者に対してはもはやニアリーイコール犯罪者予備軍みたいなところがある。アンタッチャブルな存在で、身近にはいてほしくないというやつだ。

 

 そう、身近にいてほしくないというのがたぶんキーワードだ。みんな虐待児にはやさしい。なぜなら、自分たちの身近に居着く可能性のない存在だから。どこかのだれかが保護して、どこかのだれかが養育する存在だから。しかし、サバイバーには厳しい。なぜなら、自分たちの身近に居着いて、なにくれとなく迷惑をかけてくる存在となる可能性があるから。

 ふたつは連続する同じ存在でなのだけれども。

 サバイバーはていのいい名目で責められる。昔のことだろう。成人するまで世話をしてもらったんじゃないか。親を悪く言うなんて。ゆるしてあげなよ。なんでも親のせいにするなよ。成人したんだからもう自己責任だろう。

 「被害児」のまま死ねば同情されるが、「サバイバー」となって生きのびれば疎まれる。この状況がどうにか変わってくれないものかと願っているが願っているだけなのでどうしようもないな。とりあえずわたしは、同士(勝手に同じカテゴリに引き込む)に対してすこしはやさしくありたいと思う。

 

 最後に。

 わたしはまだこの事件の被害児に対して、素直に「生きていてほしかった」と言えない。だけれども、「被害児のまま死ねてよかった、これ以上苦しまずにすんだ」とは断じて言いたくない。

 虐待をする親に対する罰則規定、被虐待児に対する救済案などさまざまな意見が出ているが、事件にもならず、話題にもされずに生きのびたとしても、生きていてよかったと思えるだけの世界がこの世に存在するのか、わたしは心もとなく思う。

 せめて死の瞬間の苦しみが少なかったことだけを祈っている。いまのところ、わたしが言えることはこれだけだ。