読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつでなまぽ

うつでなまぽな生活です。

治療「おくすりふえたね」

 リフレックスを服用しはじめて、どうやら最悪の状態は脱したものの、低空飛行をつづける精神状態にどうしたもんかと思ったらしい主治医の先生が、おくすりを増やしてくださったぞ。

 

 あたらしく加わった抗うつ剤くんの名前は「エビリファイ」。アルファベットで表すと”Abilify”となるらしい。たぶんアビリティ(能力)がアガるぜ! 的な命名なのだと思うが、だとしたら読みはアビリファイとかのほうがわかりやすいような。いやどっちもどっちか。

 

 とりあえず、エビリファイOD錠3mgを追加処方、副作用はないよとのことだったけどネットで調べるとあるじゃん。せんせいうそつきじゃん。でもまあ、ほかの抗うつ剤にくらべると副作用の発生頻度、重症度ともに低いようす。重い副作用例に、高血糖とか糖尿病とかあって、ちょっとこわいけど。

 

 先生に追加処方と言われたときには、「よくわからないけど先生が言うことだしな」という百姓精神でぼんやり従っただけだったのだけれども、薬局に行くと、薬剤師さんが、やたらと熱心に同情するような声音で「調子があまりよくならなかったんでしょうかね?」などと訊いてこられた。薬増えましたねくらいの反応かと思っていたので、虚を突かれて「は、はあ」みたいな妙な反応をしてしまった。

 で、薬の説明。

 エビリファイOD錠はもろいので、ふつうの錠剤のように錠剤を押してシートを破ってだすのではなく、シートをはがしてそっとあつかわなければならない。

 (シートがほかの錠剤とちがって、押しだせないようになっている)

 湿気を吸いやすいので、さっさとのみこまなければならない。

 おくちで溶けるけれども、ちゃんと水を飲んで、胃に送り込まなければならない。

 

 今回の処方では、飲むのは朝食後。

 数日飲んでの感想は、まず「甘い」。OD錠、とてもあまい。味に敏くないもので、はっきりとは言い切れないが、薬くささのあまりないあまさ。もろもろとくずれる風味はそう、落雁に似ている。まあ、ふつうの錠剤サイズなので、味わうにはものたりないのだけれども。

 そして、副作用というか、まだ一週間も飲んでいないために血中濃度が定常に達していないと起こる症状というのがあるとかで、それがもろに出た。突発的な不安感、焦燥感、そして不眠。一定期間耐えれば消えるらしい……ので、いちおう受診のときには報告するけれども、まあ中止にはならないだろう。

 しかし、不安感、焦燥感はだいぶなつかしいと感じた。生活保護を受給してとりあえず生活が安定し、先生と話したりプログラムを受講したりして、リフレックスも飲んで、劇的な変化がなかったのでみすごしていたけれども、着実によくなってるんだな……などと考えたりした。