うつでなまぽ

うつ病でPTSDでアスペで生活保護受給中の生きものがいろいろ書きます。

昔の話

昔の話「父方の祖父たちの話」

なんとなく思い出したので書く。 叔父の話 父親の家族構成は、祖父、祖母、叔父(わたしから見て)。つまるところ父親には弟がいる。顔はあまり似ていない。祖父はなかなかの男前なのだが、祖母はまあ不美人で、父親は祖父強めの祖母ミックス、叔父は祖母強…

昔の話「生まれない自由がない」

親は子どもをえらべないし、子どもは親をえらべない。一見平等だけれども、親は子どもの絶対的な支配者になれること、そして親には生まない自由があることを考えると、生まれない自由がない子どもはなんなのだ。 昨今自己肯定感という言葉が世にあふれている…

昔の話「ろくでもない子どもVSろくでもないおとな」

過去のことに関して、「わたしが悪い」と「わたしは悪くない」をずっと行ったり来たりしている。裏を返せば「親は悪くない」と「親が悪い」でもある。 わたしはろくでなしの育てにくい子どもで、だから親も手を焼いてああいう対応をせざるを得なかったんじゃ…

昔の話「過去得られなかったものを現在に求めるな」

フラッシュバックがひどい。 メンヘラはフラバフラバっていうけどフラバってどんなかんじやねんと思うひとのために説明すると、「ある刺激によって過去のできごとが想起させられ、そのときの感情をよみがえらせてしまうこと」がフラッシュバックらしい。これ…

昔の話「リフレックスでみるゆめ」

レスタスとデジレルではどうも眠れていないのではないかということがあきらかになり、朝起きて布団の中でぐずぐずと動けずにいる時間をのぞくと睡眠時間が平均4時間ほどということが白日の下にさらされた。そのため、処方変更。リフレックスとロラメット。以…

昔の話「父のよかったところさがし」

おととい、ちょっと用事で出かけたせいか、きのうはずいぶんぐったりしていて、雨が降ってだるかったのも手伝い、ブログを書かずじまいだった。もったいないことをした。なんでもいいから毎日なにかしら書こうと思っていたんだが。 さて、きょうは父のよかっ…

昔の話「過去の話 ~写真を交えて~」

いろいろデザインをいじっているうちにプロフィール画像の下に文章を書く方法がわかったので書いた。年齢は計算してくれ。この年でこんな文章書いてるのかよと引いてくれ。好きにしてくれ。 きのうなんとなく張り付けたメガマウスの写真、数年前に福岡の海の…

むかしのはなし「父母があやまったはなし」

洗濯物は取り込んだ。昨夜のうちにな。そうしないとねむれないとわかっていたんだ。だからそうしたのだ。そしてきょうは雨が降っていた。いまはやんでいる。すこしさむい。寒、遠慮のない親戚のように居座っている。いや、実家に客が来ることなんて、ほとん…

むかしのはなし「通信制高校のはなし」

そこそこの進学校に入学したものの結局潰れて教師のすすめかなにかで通信制の高校に移ったのだが、そこそこの進学校に最後の登校というか書類的なあれこれとかあいさつをしにいくとき、なぜかたぶんいちどもあったことがないはずの美術の教師が出てきて「実…

むかしのはなし「だいぶ自分が支離滅裂だった」

父母が好きだったことはまえに書いたと思う。姉と妹も好きだったんだけど。 でも、中学生くらいから、なんというか……自分の考えること、やることなすこと、これが支離滅裂になってきた。 小学校高学年からよゆうで保健室登校、不登校だったし、登校拒否だっ…

むかしのはなし「だいすきだったはなし」

子どものころ、父と母が大好きだった。父のように頭がいいとか父に似ていると言われると誇らしかった。母の手助けをしてお礼を言われるのがうれしかった。大好きだったので、父と母に好かれたかった。 でもそうはならなかった。 父は、自分の間違いを指摘さ…

むかしのはなし「かぞくだなあとおもったはなし」

小学生のころの話なんですけどね、夕食中になんか、父の気に食わない話をしてしまったらしく、食卓から引きずり降ろされ、リビングのほうで殴られたわけですよ。蹴り倒されたりとかですよ。まあこのときはおそらく、父の機嫌が悪かったんでしょう。余計なこ…