うつでなまぽ

うつ病でPTSDでアスペで生活保護受給中の生きものがいろいろ書きます。

治療「オランザピンがいつの間にか復活した」

処方薬にオランザピンが復活した。いつの間にか。というか最近どうもおかしくて、まあいろいろあって、記憶がアレなので、まあ、まあ。 最近はあまりまともに食べられていないんだけれども、オランザピンのおかげか、体重がもとにもどった。いまのところプラ…

社会「被虐待児の成れの果て つづき」

ずっと前に書いた記事だけども。 mianie.hateblo.jp その後、裁判がはじまり、わたしでもいろいろとネットで情報がわかるようになったので、思うところを書いてみたい。 まず、被害児は母親に愛されていたのだな、と思った。むろんこれを否定するむきもある…

昔の話「父方の祖父たちの話」

なんとなく思い出したので書く。 叔父の話 父親の家族構成は、祖父、祖母、叔父(わたしから見て)。つまるところ父親には弟がいる。顔はあまり似ていない。祖父はなかなかの男前なのだが、祖母はまあ不美人で、父親は祖父強めの祖母ミックス、叔父は祖母強…

昔の話「生まれない自由がない」

親は子どもをえらべないし、子どもは親をえらべない。一見平等だけれども、親は子どもの絶対的な支配者になれること、そして親には生まない自由があることを考えると、生まれない自由がない子どもはなんなのだ。 昨今自己肯定感という言葉が世にあふれている…

こもごも「迷惑をかけず、負担をかけず」

むずかしい。だれの迷惑にも負担にもなりたくないんだけれども、現実はそうもいかない。そもそもなまぽだしな。精神障碍者だしな。むずかしいなあ。 いっこ前の記事はちょっと衝動性が高すぎるけれども、こうやって衝動性がおさまってみても、やっぱり生きる…

うつ「よりよくしぬための努力」

なんだかもう疲れたなあという気持ちがつよい。生きたい、生きなければならない、そう思うだけの理由がない。一体の死体を無造作にほうり出すという迷惑をかけないために生きているような気がする。 ので、細かく計画を立てている。とりあえず家具・家電類は…

こもごも「地獄は再生産される、慈悲はない」

わたしは地元をのがれて(といっても隣県)暮らしているが、どうも地元では地獄が再生産されているらしい。勘弁しろよ。呪われた家系かよ。 先日妹の息子、甥っ子が遊びに来たのだが、言葉のはしばし、行動のあちらこちらに地獄を感じてつらかった。甥っ子は…

こもごも「また189に通報をしたはなし」

夜中一時に子どもの泣き叫ぶ声とおとなの怒鳴る声が聞こえてくるわけだよ。尋常じゃないでしょ。どうもおなじ階のような感じがするので顔を出してみたら、小学生くらいの女の子が玄関あたりにしゃがみこんで「もういやだ、もういやだ」と泣きながら訴えてい…

治療「おくすりがさらに増えました」

不安感がひどかったので、フィコンパとかいうやつを。診察室で主治医の先生に説明されたとき、「ピコンパ」と聞こえて、ずいぶんかわいらしい名前のくすりだなあと思ったが、薬局でフィコンパだとわかった。2mg。 主治医はあまり薬を増やしたくない方針らし…

発達障害「なぐさめられたいわけじゃなくて」

このところというにはずいぶん長いこと、アスペルガーのあつまりに参加していた。いろいろやった。いろいろ得たものはあったのだが、最後のまとめにいたって、率直に、「わたしは周囲に迷惑や不快をかけたのではないかと後悔している」と書き記した。これが…

精神科受診「おくすりがふえました」

わたしの主治医はできるだけ薬を増やさない方向でいきたいらしいんだけども、わたしがどうしても夜ねむれない、中途覚醒がひどいので、ランドセンという薬を一日1mg追加することになった。よく眠れるようになった。完。 というのも味気ないのでちょっと長く…

こもごも「自転車で走る」

体重はそんなでもないんだけど体脂肪がヤバいので、運動せねばと思って自転車を買った。ロードバイクとかのおしゃれなやつじゃなくて中古屋で6000円くらいで売っていたママチャリではないけどマウンテンバイクでもないみたいなやつ。ハンドルが一直線になっ…

治療「あいかわらず調子はわるし」

どうにもパッとしないので薬が増えた。朝、イフェクサーカプセル二つだったのが三つへ。75mgが三つだから225mg。計算しにくっ。なんでこんな微妙な量なんだろう、イフェクサー。これが最大量らしい。 整理すると、いま服用している薬は、 朝:四物湯2.5mg、…

昔の話「ろくでもない子どもVSろくでもないおとな」

過去のことに関して、「わたしが悪い」と「わたしは悪くない」をずっと行ったり来たりしている。裏を返せば「親は悪くない」と「親が悪い」でもある。 わたしはろくでなしの育てにくい子どもで、だから親も手を焼いてああいう対応をせざるを得なかったんじゃ…

昔の話「過去得られなかったものを現在に求めるな」

フラッシュバックがひどい。 メンヘラはフラバフラバっていうけどフラバってどんなかんじやねんと思うひとのために説明すると、「ある刺激によって過去のできごとが想起させられ、そのときの感情をよみがえらせてしまうこと」がフラッシュバックらしい。これ…

こもごも「マクラメあみ・はしご 自分用メモ」

マクラメあみをやっているんだけど、頻繁に編みかたをまちがえるので、いろんなサイトで勉強させてもらった内容を、自分用に写真付きで記録を残しておく。 つかう道具は 芯糸(ワックスコード) 編み糸(刺繍糸) バインダー クリップ(2個) というかんじ。…

こもごも「ハンドクラフト、いわゆる手仕事」

近ごろ気分が落ち着かないとか落ち込むとかいう症状がぼろぼろ出てくるので、手仕事をしている。まえはこういうとき本を読んでいたんだけれども、そういう気分でもないのだった。なぜか知らんけど。 とりあえず家にあった材料(刺繍糸と紐)でマクラメ編みを…

うつ「やらかしたことと正式に精神障害者となったこと」

おまえどうしたみたいなテンションの記事を書いて一か月放置とかどうかと思う。 まあそれはおいておくとして、やらかした。めっちゃやらかしました。なにをやらかしたかというと自傷。たいした傷にはなってないけど自分でもこんなことするんだなーと言うおど…

こもごも「親子とはそもそも不平等な関係である」

親であることをやめることはできる。やり逃げ、やり捨てができてしまう男がもっともわかりやすいだろうが、女だろうと、堕胎や生んでからどこかに預ける、あるいは捨てるなどの方法で親であることを放棄することができる。自分に子どもなんかいなかった。自…

こもごも「自助会とかいうのに通いはじめました」

自助会というのはさっぱりと言ってしまえば似たような境遇のひとたちがあつまっていろいろと話す会のこと。親との確執なんかを、うっかりいわゆる「ふつうのひと」に話してしまえば、「子どもを愛さない親なんていないよ」とか「仲直りしなよ、親子なんだか…

精神科受診「フラッシュバックとは何ぞや」

最近よく実家の夢を見る。なにかおそろしいことがあるわけではなく、単に実家にいたころを思い出しているような夢だ。問題は、目が覚めても夢の感覚から抜け出し切らないところだ。 わたしは実家にいたころ、玄関にちかい自室で、二段ベッドを解体した一段ベ…

うつ「精神がアカンことになっている」

前回の記事は「発達障害関係の記事やんけ~」と思ったのでカテゴリを変更しましま。しましま。 精神がここのところまるっきりダメで、なにがダメなのかなんでダメなのかまったくわからないほどにダメ。とにかくダメ。ダメとしか言いようがない。ダメのほかに…

発達障害「障害じゃなくて個性ではとか言われても」

こないだ、ひとと話してたんだけど、というかチャットをしていたんだけど、そのときに、わたしがアスペルガー症候群だという話になって、相手のひとが、「まえから思ってるんですけど、それって障害なんですか? 個性じゃないのかな?」みたいなことを言った…

治療「セロクエルに帰還する」

無月経まであらわれだしたので、オランザピン(ジプレキサ)は中止。セロクエルに変更になった。オランザピン、とても調子がよかったのに。わたしは自分のリプロダクティブな機能についてはつかう気がまったくないので、無月経でも問題ないのだけども、高プ…

うつ「ただしさなんぞ知ったことかという気分」

ジプレキサ(オランザピン)の影響か、また乳汁分泌の憂き目にあったわけですけど~? 現在は血液検査中でまだ中止にはなっていない。いいのか。飲むけど。なんでこう副作用が出やすいのだろうと思うが、クリニックにあったアスペルガー障害に関しての本に、…

生活保護「あたらしい相談員さんが着任したが無理」

むりむりむりむりかたつむり。 あ、まえの記事の件ですが躁うつ病(うつ病もふくむ)、統合失調症、てんかんなどの持病がある場合猟師免許はとれないそうだ。うつ病が寛解した場合はどうなるんだろうと気になるが、それをきくためには主治医に「わたし、猟師…

発達障害「自分の苦手なことを考えてみる」

発達障害、というか自閉症スペクトラム、というかアスペルガー障害の特徴に、いじめにあいやすい、虐待被害者になりやすいというのがある。つまりそれって、被害者側に原因があるということではないのか。父母もアスペルガー障害であるわたしさえいなければ…

治療「オランザピン(ジプレキサ)を飲んで一カ月」

いい薬です。 杏林のオランザピン→アメルのオランザピンと変遷? があったものの、使用感にはほぼ変わりなし。ひとによってはジプレキサとジェネリックのオランザピン、おなじオランザピンでもジェネリックをつくっている会社によって使用感が変わったりする…

社会「生きるに値しない命はあるか」

自民党の杉田水脈衆議院議員が「LGBTは子どもをつくらないので生産性がない、よって公的な支援に値しない」「LGBTにたいする差別などない」というような文章を月刊誌に寄稿したことで炎上した。しているというべきか。 このひとについてかるく調べてみたが、…

発達障害「アスペルガー障害と自分を引き比べてみる」

ブログタイトル、うつでなまぽでアスペってしたほうがいいんだろうか。長すぎるしくどいしこのままでいいか。いいな。いい。というわけでこのままいく。 さて、主治医にアスペルガー障害に関する本を一冊くらい買ってみるといいよと言われたわけだけれども、…