読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつでなまぽ

うつでなまぽな生活です。

こもごも「ブログがたくさん見られたよ」

 はてなからのお知らせによると、このブログが今月100PVを越えたらしい。すごい。100回も見られてるなんて。たぶん、というか確実に、抗うつ剤のこととか副作用とか書いたからであろう。

 薬のことは、主治医か薬剤師に訊いたほうがいいよ!

 ネットで調べるにしても、こんなてきとうなブログ読んでちゃだめだよ!

 でも、見てくれてありがとう。

 

 もっと益体のあることが書けるといいのだけれども、そんなことできてたらうつ病にもなまぽにもなってないよなと思ったので一瞬であきらめました。

 

 最近なにをしているかというと、料理してるか、本読んでるか、ぼーっとしてるか。本はてきとうな海外ミステリを読んでおります。

 おすすめは…

 ルイーズ・ペニー著「スリー・パインズ村の不思議な事件」からはじまるガマシュ警部シリーズ。ミステリではあるのだけれども、登場人物の内面を細やかにえがくふつうの文芸作品としても読める。カナダのケベック州をおもな舞台としていて、カナダの生活やフランス系カナダ人とイギリス系カナダ人の微妙な関係なども見どころ。

 アレクサンダー・キャンピオン著「予約の消えた三ツ星レストラン」からはじまるパリのグルメ捜査官シリーズ。作者はニューヨーク生まれのアメリカ人で、パリには35年住んでいたのだとか。コージーブックスという素人探偵ものを多く出版しているレーベルの作品だけれども、主人公のカプシーヌは警視。なので素人探偵ものにありがちな無茶な展開などもなく、フランスの風景やら食事やらを楽しみつつ事件解決を見守ることができる。

 ジャン=フランソワ・パロ著「ブラン・マントー通りの謎」からはじまる二コラ警視シリーズ。18世紀のフランス、ゲランドで孤児として育った二コラが、養父のはからいでパリで見習い警視として働きはじめる。年上の部下、首切り役人などの知己を得、奇妙な想像力を生かして、王権にも関わる事件を解決していく。ちょくちょく出てくるもつ煮込みだの召使のカトリーヌがつくる料理だのが非常にうまそう。

 フランク・シェッツィング著「グルメ警部キュッパー」。これは残念なことにシリーズにならなかったようだけれども、ドイツ・ケルンを舞台にして、食にやたらにこだわるフランス人のようなドイツ人、キュッパー警部が、遺体の第一発見者にコニャックを飲みながら事情聴取をしたり、被害者宅のりんごをむしゃむしゃと平らげたり、重要参考人の秘書の特製タルト・タタンを食べそこねたりしながら事件の真相に迫っていく。話はだいたい単純でおちも楽に読めるが、キュッパーのキャラクターが非常に魅力的で楽しめる。

 あとリヴィア・J・ウォッシュバーン著「桃のデザートには隠し味」からはじまる料理名人シリーズもそこそこおすすめではあるけど、巻をかさねるにつれ素人探偵ものにありがちなご都合展開が連発するので、「桃のデザートには隠し味」よりあとのシリーズはあまりおすすめしない。でもまあ、素人探偵ものはてきとうに読めるところがいいといえばいい。男性主人公の素人探偵ものってないのかな。男性があれこれ嗅ぎまわるのは女性と比べてなかなかむずかしいということだろうか。

 

 本を読めるのはたいへんありがたいことです。ぜいたくを言えば、専門書が読めるくらいに回復してくれればもっといいんだけど。

こもごも「人ごみと雑踏と疲労と落涙」

 だいぶよくなってきたように思う。うつが。

 とりあえず、ふつうに出歩けるくらいにはなった。治療まえは言わずもがなで常時体調不良状態だったわけだが、エビリファイを3mgのんでいたころは、もう、一時間歩けば疲労困憊という体たらくで、あまりに体力が落ちていると感じ、このさき働けるのかということよりも、生きていけるのかという不安があった。

 エビリファイに関しては、朝夕に1mgずつ飲むようになってからは、アカシジアとともに疲労感も消えたので、体力低下ではなく副作用によるものだったようだ。よかった。

 

 で、だいぶよくなってきたのだけれども、よくなってきたからこそわかるのが、人ごみの圧倒的難易度。それぞれがそれぞれに目的を持ち、同行者と言葉をかわしている雑踏。べつにそこにいてなにを感じるわけでもないのに、ものすごい勢いで体力が低下していく。ひとのまばらな道を歩くより、五倍は疲れる。しゅわわわ~となにかが吸い出されていく感じ。いやだとか不快だとかはたぶん感じていないのに、まるで周囲に元気を吸い取られているかのようだ。なけなしの元気を。

 これはたぶん以前からあったのだろうが、どこでも疲労感があるので気づいていなかった。

 

 もうひとつ、よくならないのが、過去に対しての圧倒的感受性というか。なんだろう。昔のことを思いだすとなぜか泣けてくる。哀しい思い出でも、つらい思い出でもないようなものでも涙が出る。理由はわからない。よくわからないまま涙だけが出てくる。泣きたいわけでもないのに困ったものだ。

 

 とりあえずいまはこんな感じ。

 生きていくのはつらい。

精神科受診「エビリファイとアカシジア」

 エビリファイを飲んでいたはいいものの、朝食後飲んで、夕方くらいにどうにも、居ても立ってもいられない状態に陥るようになってしまった。

 

 「居ても立ってもいられない」というのはほんとうに正鵠を射た表現で、座ろうが、立とうが、歩こうが、寝転ぼうが、だめ。なにがだめかというと、居心地がよくない。どんな体勢でも落ち着かない。どうしようもない。

 

 しかも、落ち着かなさははっきりと焦燥感となってあらわれ、心臓が妙なふうにばくばくし、「これは、死んだほうが楽では?」などと考えてしまうほどになるのだった。こんなに苦しく、どうにもならないなら死んだほうがいいぞ! そんな気分。

 

 だからと言ってはい現世よさようならというわけにもいかないので、夕方になって不安があらわれてきたら、すみやかに覚醒しつづけることをあきらめ、眠前のリフレックス眠剤を飲んで、たとえ17時であろうとねむることにした。これはなかなかよかった。寝ればだいたい解決する。

 

 

 そして毎朝の食後に「飲みたくないな」と思いつつ、飲みつづけていたわけだけれども、受診した日に症状について先生に報告したところ、それはアカシジアという副作用だねということだった。

 

 いやせんせえ、副作用ないて言っとったろもん。

 

 とか思っても言わない。

 

 けっきょく、エビリファイ3mgは強すぎたのだろうということになり、1.5mgくらいで処方したいがそういうのがないので、液状のエビリファイ1mgぶんを一日二回として処方し、まあ、なんか、いろいろ試してみようということになった。

 

 朝飲んだりとか、夕方飲んだりとか、もう1mgは頓服的に飲むとか、1日1mgはかならず飲むこととして、なんとかかんとか。こうしようああしようとあれこれ話が変わったせいで、どう飲めばいいかよくわからなくなったりしつつ、薬剤師さんにいろいろ訊かれたりしつつ、帰宅し、夕飯を食べ、エビリファイ0.1%溶液を飲む。

 味はOD錠のほうがおいしかったなと思う。いや薬を味で判断してもどうにもならないが、子ども用の薬のシロップににがみをくわえて濃度を増しましたみたいな味であった。

 

 さてこれで、事態は好転するのだろうか。

 はやくよくなってなまぽを脱出したいものだ。

こもごも「いちごジャムと戦略 その後」

 このあいだ、くだんのスーパー(ポイント何倍!)に行き、ふと思い立ってジャムコーナーをのぞいたところ……

 あのジャムが、100円(税抜)!

 いちご、ブルーベリー、マーマレードの三種!

 来たのが遅かったので人気のいちごは売り切れ!

 

 思った。

 お、おじいさーん!

 みてるー!?

 100円だよー!

 ジャム、100円になってるよー!

 

 あのおじいさんがこのジャムを見つけ、「お、安なっとる」とよろこんで購入していたらいいなと思った。

治療「おくすりふえたね」

 リフレックスを服用しはじめて、どうやら最悪の状態は脱したものの、低空飛行をつづける精神状態にどうしたもんかと思ったらしい主治医の先生が、おくすりを増やしてくださったぞ。

 

 あたらしく加わった抗うつ剤くんの名前は「エビリファイ」。アルファベットで表すと”Abilify”となるらしい。たぶんアビリティ(能力)がアガるぜ! 的な命名なのだと思うが、だとしたら読みはアビリファイとかのほうがわかりやすいような。いやどっちもどっちか。

 

 とりあえず、エビリファイOD錠3mgを追加処方、副作用はないよとのことだったけどネットで調べるとあるじゃん。せんせいうそつきじゃん。でもまあ、ほかの抗うつ剤にくらべると副作用の発生頻度、重症度ともに低いようす。重い副作用例に、高血糖とか糖尿病とかあって、ちょっとこわいけど。

 

 先生に追加処方と言われたときには、「よくわからないけど先生が言うことだしな」という百姓精神でぼんやり従っただけだったのだけれども、薬局に行くと、薬剤師さんが、やたらと熱心に同情するような声音で「調子があまりよくならなかったんでしょうかね?」などと訊いてこられた。薬増えましたねくらいの反応かと思っていたので、虚を突かれて「は、はあ」みたいな妙な反応をしてしまった。

 で、薬の説明。

 エビリファイOD錠はもろいので、ふつうの錠剤のように錠剤を押してシートを破ってだすのではなく、シートをはがしてそっとあつかわなければならない。

 (シートがほかの錠剤とちがって、押しだせないようになっている)

 湿気を吸いやすいので、さっさとのみこまなければならない。

 おくちで溶けるけれども、ちゃんと水を飲んで、胃に送り込まなければならない。

 

 今回の処方では、飲むのは朝食後。

 数日飲んでの感想は、まず「甘い」。OD錠、とてもあまい。味に敏くないもので、はっきりとは言い切れないが、薬くささのあまりないあまさ。もろもろとくずれる風味はそう、落雁に似ている。まあ、ふつうの錠剤サイズなので、味わうにはものたりないのだけれども。

 そして、副作用というか、まだ一週間も飲んでいないために血中濃度が定常に達していないと起こる症状というのがあるとかで、それがもろに出た。突発的な不安感、焦燥感、そして不眠。一定期間耐えれば消えるらしい……ので、いちおう受診のときには報告するけれども、まあ中止にはならないだろう。

 しかし、不安感、焦燥感はだいぶなつかしいと感じた。生活保護を受給してとりあえず生活が安定し、先生と話したりプログラムを受講したりして、リフレックスも飲んで、劇的な変化がなかったのでみすごしていたけれども、着実によくなってるんだな……などと考えたりした。

こもごも「今年の目標:羊にならない」

 髪の毛を切った。

 もういっそ、伸ばしてしまえば、みじかいよりも管理がしやすいのではないか、などと考えた結果でもあるし、散髪がめんどうだったこともあるし、寒かったからみじかくしたくなかったというのもあり、人生でもっとも髪の毛が長い時期をしばらくおくっていた。

 長いといっても肩にすらつかない。くせ毛なので、やたらにふくらんでいく。量も多い。じっさいの頭より二倍くらい大きくなっていた気がする。

 毛刈りを要する羊のようにふくらんだ頭。

 洗うのもめんどうなら、乾かすのもめんどう。

 というわけで髪の毛を切った。1000円カット的なところで。

 やはり羊の毛刈りのような様相を呈した。

 一挙にみじかくするので、美容師だか理容師だかの女性に、やたらに念を押された。

 「切りなおしは受け付けられませんよ」みたいなことを。親切だ。

 そして切っているあいだも、「シャンプー台のある店で切ると、こういう寝癖とかもちゃんと整った状態で切られるので、もし今回の散髪で不都合があれば、そういうところへ行ったほうがいい」とアドバイスをくれた。

 確実に行かないだろうなと思った。

 羊の毛刈り的な散髪が終わったあと、足もとにある髪の毛は頭に乗っている髪の毛の三倍量くらいあった。これを1080円(税込)で切らせたのかと思うと、搾取ではないかという気がした。最近よくそういう気がする。

 つぎは羊になるまえに行こうと思った。

精神科受診「ごかいめ」

 よんかいめは個別に記事にしていない。というかもういちいち書いていくようなことがないので、とりあえず、てきとうに書いていくと思う。ナンバリングはここまで。ご愛読ありがとうございました。今後の活躍にご期待ください。

 

 先生にちょっと昔のことを話していて、ものすごく支離滅裂になってしまった。頭のなかにあるときは、それらは完璧に関連を持ったものとして存在したのだけど、ひとを相手にして話をしてみると、まったく関連がない。宇宙からの電波を受信しているかのような内容。先生もやや困惑。引き気味。そりゃそうだわ。

 ひとりでぐるぐる考えていても、煮詰まるだけで意味がないことが証明されてしまった。

 

 プログラムはふつうな感じ。発言……したようなしなかったような。とにかく、初回よりも苦痛ではない。しかし、プログラムを受けてると、変なひとっていっぱいいるなあと思ってしまう。我が身もふくめ。ひたすら自分の話をしたがるひとがいたりして。ずいぶんあけっぴろけで、よくそんなふうにいられるなあと感心してしまう。皮肉ではなく。いまだにひとに話していないことばかり抱えている我が身をふがいなく思うよ。

 

 つぎの受診はお正月をはさむので二週間後。

 

 薬局に薬をもらいに行ったら、在庫がないとかで、「明日取りに来てくれよな!」って感じかと思ったら、ヤマトで送ってくれるんやって。いやはやごていねいにどうも。

 チェーンの薬局店だからこの対応なのかな? 個人薬局とかは在庫管理をどうしているんでしょうね。よく考えると、「どの病院の処方箋でも受け付けますよ!」っていうの、あらゆる処方薬を準備していなければならないわけで、なかなかにたいへんだよな。院内薬局ならその病院で処方する薬だけ用意しておけばいいけれど。

 

 そういえば、昔、薬局で、おばあちゃんが薬剤師のひとに「この薬が在庫切らしてて……」ともうしわけなく言われている場面に出くわしたことがあった。そのときはまあ、風邪をひいてて熱があったので、おばあちゃんがどういう対応を受けたかまでは把握していないのだけれども、おばあちゃんが言った言葉は印象に残っている。

 「大丈夫よ! この薬ならいっぱいあまってるからね!」

 うーん。

 「○○さんいないわねえ」「風邪ひいてるからこれないんですって」病院にて。みたいなのとおなじく、高齢者病院コントにまたひとつあらたなやり取りが加わってしまった。

 

 この記事もだいぶ散漫だな。

 つぎはもっとまとまった記事を書きます。